日本文化大学の支援体制


日本文化大学の特徴は法律を学べることだけでなく、
充実した支援体制があります。
その支援体制により就職の支援や資格取得の支援を行っています。

日本文化大学では就職支援プログラムを行っています。
入学時から学生自身が将来について考え、様々な機会を用意しています。
入学前の学生生活と将来の職業選択をはじめ、
就職対策特別講座やセミナー、ガイダンス、情報の提供などを行っています。

また、各年次で特徴的な試験やテストも行っています。
1年次はクレペリン検査試験を行います。
適正や性格を検査し、どの業種や職種に向いているのかを判断します。
日本文化大学では公務員や一般企業で出されるものと同じ検査を実施しています。
2年次は適職診断テストであるNAAIPテストを行います。
学業成績や能力、興味、性格から向いている分野を探します。
3年次はエントリーシート対策やSPI 3模擬試験を行います。
さらに就職活動壮行式を行い、就職活動に向けて気を引き締めます。

日本文化大学の支援体制は、資格の取得でもあります。
資格の取得を奨励し、徹底した指導やサポートを行っています。
教職課程や各種資格講座を設置し、1年次から履修出来ます。
資格取得のために役立つカリキュラムが編成されています。
資格講座は豊富にあり、簿記検定やFP講座、
宅地建物取引士や社会保険労務士など様々あります。

日本文化大学の学生はこれらの充実した支援体制により、
警察官や公務員、様々な一般企業に就職をしています。
充実した支援体制があるからこそ目的をはっきりし、
必要な知識などを身に付けて希望の就職先を現実のものとています。